November 9, 2011 / 5:23 AM / 8 years ago

ロシアの火星探査機、打ち上げ成功も軌道外れる

 11月9日、ロシアの火星探査機が、カザフスタンのバイコヌール宇宙基地からゼニト2SBロケットで打ち上げられた(2011年 ロイター/Oleg Urusov)

 [モスクワ 9日 ロイター] 火星の衛星「フォボス」の土壌サンプルを採取するため、ロシアの探査機がモスクワ時間の9日午前零時16分(日本時間同5時16分)にカザフスタンのバイコヌール宇宙基地からゼニト2SBロケットで打ち上げられたが、火星に向かう軌道を外れた。インタファクス通信が伝えた。

 インタファクスがロシア宇宙庁のウラジーミル・ポポフキン長官の話として伝えたところによると、探査機「フォボス・グルント」は地球周回軌道に到達した後、エンジン点火に失敗した。バッテリーが切れる3日以内に正しい軌道に戻さなければならないという。

 ロシアは1996年にも火星探査機の打ち上げを試みたが、失敗に終わった。フォボスから得られる物質は、太陽系の起源解明に役立つと期待されている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below