November 16, 2011 / 5:43 AM / in 8 years

9月末時点の中国の銀行、自己資本比率は12.3%

 [北京 16日 ロイター] 中国銀行業監督管理委員会(銀監会)がウェブサイト( www.cbrc.gov.cn )に掲載したデータによると、中国の銀行の自己資本比率は9月末時点で平均12.3%と、6月末時点の12.2%から上昇した。

 中核的自己資本比率は10.1%で、9.9%から上昇した。

 銀監会は、主要行の最低自己資本比率を11.5%、その他の銀行については10.5%に定めている。

 銀行の不良債権比率は9月末時点で平均0.9%。大手商業銀行の不良債権比率は1.1%、株式制商業銀行は0.6%。

 都市商業銀行の不良債権比率は0.8%、農村商業銀行は1.6%、外国銀行は0.4%だった。

 ネットベースの金利マージンは2.7%で、6月末時点から変わらず。

 銀行の非金利収入の比率は20.1%。

 9月末時点の資産総額は105兆7200億元(16兆7000億ドル)で、前年比16.6%増加した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below