November 21, 2011 / 8:19 PM / 8 years ago

シンガポールで「ゾウ162頭」がパレード、保護訴える

 11月21日、街の美観を保つための厳しい規則で知られるシンガポールで、芸術家や有名人が制作した162体のゾウのオブジェが街中を彩っている(2011年 ロイター/Claro Cortes IV)

 [シンガポール 21日 ロイター] 街の美観を保つための厳しい規則で知られるシンガポールで、芸術家や有名人が制作した162体のゾウのオブジェが街中を彩っている。野生のゾウの保護を目的とした「エレファント・パレード」と題された取り組みで、忙しい毎日を送る住民の心を癒しているようだ。

 オブジェの制作には英コメディアンのリッキー・ジャベイスや英歌手レオナ・ルイス、英俳優ルパート・グリントも参加。オブジェは今後2カ月展示され、来年1月には競売大手サザビーによりオークションにかけられる。

 オークションの収益の一部はアジアゾウ基金など の野生動物保護団体に寄付される。

 ゾウのオブジェを用いた同様の取り組みはこれまで欧州で実施されたことがあるが、アジア地域では初めて。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below