November 23, 2011 / 8:08 AM / 7 years ago

オリンパスは経営陣刷新必要、上場廃止は反対=ウッドフォード元社長

 11月23日、来日したオリンパスのマイケル・ウッドフォード元社長は、オリンパスは上場廃止になるべきではない、と述べた。写真は8日撮影(2011年 ロイター/Kevin Coombs)

 [成田 23日 ロイター] 来日したオリンパス(7733.T)のマイケル・ウッドフォード元社長は23日、オリンパスは上場廃止になるべきではない、と述べた。一方、経営陣の刷新は必要、との見方を示した。

 成田国際空港の到着ゲートで記者団に対して述べた。ウッドフォード氏は、警視庁は真実を解明することができると信じている、と語った。

 ウッドフォード氏は25日にオリンパスの取締役会に出席する予定。

 ウッドフォード元社長が来日するのは、解任後はじめて。元社長は24日にも、捜査当局や規制当局、警視庁の担当者らと面会する予定。

 元社長は解任後に英国に帰国しており、これまで身の安全への懸念を理由に来日を拒んでいた。これについて元社長は「誰が資金を受け取ったのか分からなかったため、私は危険にさらされていた。(誰が資金を受け取ったのかについては)われわれはまだ分からない」と説明した。

 また「オリンパスには新たな経営陣が必要。私は、取締役に対して、ゲームが終わったことを受け入れる尊厳を持つよう訴える」と述べた。

*内容を追加します。

 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below