November 24, 2011 / 5:23 AM / 8 years ago

オバマ米大統領が七面鳥に恩赦、感謝祭前の恒例行事

 11月23日、オバマ米大統領はホワイトハウスで毎年恒例となっている、七面鳥への「恩赦」を発表(2011年 ロイター/Jason Reed)

 [ワシントン 23日 ロイター] オバマ米大統領は23日、ホワイトハウスで毎年恒例となっている、七面鳥への「恩赦」を発表した。米国では24日にサンクスギビング(感謝祭)が祝われ、多くの家庭で七面鳥が食卓に上がる。

 大統領は、雇用促進法案の可決を阻んでいる議会共和党を批判するために打ち出した「キャント・ウエイト(もう待てない)」キャンペーンになぞらえ、「これも議会の承認を必要としない」と冗談を交えながら、リバティーと名付けられた七面鳥に手をかざし恩赦を言い渡した。

 リバティーはミネソタ州にある学校で生徒らに育てられたという。食用にされる心配がなくなったリバティーは、一緒に恩赦を受けたピースという名の七面鳥と共に、マウントバーノンにある初代大統領ジョージ・ワシントン邸で一生を過ごすことになる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below