November 28, 2011 / 2:27 AM / 7 years ago

イエメン暫定首相に元外相指名、北部の宗派間衝突で25人死亡

 11月27日、イエメンのハディ副大統領は、サレハ大統領が署名した権限委譲案に基づき、暫定内閣の首相に野党グループの指導者バシンドワ元外相(右)を指名した。4月撮影(2011年 ロイター/Fahad Shadeed)

 [サヌア 27日 ロイター] イエメンのハディ副大統領は27日、サレハ大統領が署名した権限委譲案に基づき、暫定内閣の首相に野党グループの指導者、バシンドワ元外相を指名した。国営サバ通信が伝えた。

 バシンドワ氏は、1993─94年に外相を務め、その後野党に加わっていた。同氏は今後、サレハ氏が23日にサウジアラビア・リヤドで署名した湾岸協力会議(GCC)の仲介案に沿って組閣作業に入る。

 大統領選については、来年2月21日の実施が発表されており、仲介案が予定通りに進めば、イエメンは民主化運動「アラブの春」で元首が退陣する4カ国目の国となる。

 一方、イエメン北部ではイスラム教スンニ派とシーア派の衝突が発生。スンニ派側によると外国人6人を含む少なくとも25人が死亡した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below