April 27, 2007 / 1:36 AM / 12 years ago

EU、欧米間の航空路線自由化する「オープンスカイ」協定を承認

 3月22日、EUは欧米間の航空路線自由化する「オープンスカイ」協定を承認。写真は14日、独フランクフルト空港で撮影(2007年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

 [ブリュッセル 22日 ロイター] 欧州連合(EU)の運輸相理事会は22日、欧米間の航空路線を自由化する「オープンスカイ」協定を全会一致で承認した。EU加盟国の航空会社は、域内27カ国から米国への就航が認められ、米国の航空会社もEU加盟国への乗り入れが可能となる。航空市場の開放で競争が加速し、航空料金の引き下げなどにつながる可能性がある。

 協定の発効は、英国の要請により、当初の2007年10月から延期され、08年3月となる見通し。

 米国側も延期を認める姿勢を示している。

 EUの行政執行機関である欧州委員会のバロー副委員長(運輸担当)は、この協定により、今後5年間で欧米間の路線で50%の増便を見込んでおり、欧州の航空会社間で再編が行われる可能性があると述べた。

 欧州委はまた、同協定により欧米間で、120億ユーロ(160億ドル)の消費者利益と8万人の雇用創出を見込んでいる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below