May 28, 2007 / 10:23 AM / 12 years ago

首相は松岡農相死亡に任命責任表明、臨時代理に若林環境相

 5月28日、安倍首相が松岡農相死亡について任命責任を表明。農相臨時代理はは若林正俊環境相に。代表撮影(2007年 ロイター/Koichi Kamoshida)

 [東京 28日 ロイター] 28日昼過ぎ、松岡利勝農相が赤坂の議員宿舎で意識不明の状態で発見され、都内の病院に搬送されたが、午後2時に死亡が確認された。これを受けて政府は農相臨時代理に若林正俊環境相を充てる方針を明らかにした。

 安倍晋三首相は夕方の会見で「閣僚を任命した責任者として、責任の重さを感じている」と述べるともに、「行政に空白が生じないよう、認証式の日程も考慮して優れた後任者を選びたい」と語った。

 塩崎恭久官房長官は午後1時半過ぎの緊急会見で、松岡農相が意識不明の状態で発見されたことを明らかにした。その後、午後2時過ぎに再度会見し「松岡農相が午後2時、搬送先の病院で亡くなった」ことを明らかにした。死因については「検死などの手続きを終えた後で発表される予定だ」とした。

 安倍首相は、松岡農相が搬送された病院を訪れた後で会見し、「大変残念。慙愧(ざんき)にたえない。心よりご冥福をお祈りする」と述べたうえで「日本からのコメの輸出に道を開いてくれた。大変期待をしていたので大変残念。国会で厳しい追及もあったが、専門知識を生かせるということで頑張っていた」と語った。

 また、夕方の会見では「任命権者として責任の重さをあらためてかみしめている。私の内閣の閣僚がとった行動に責任を感じている」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below