June 12, 2007 / 2:49 AM / 11 years ago

米国の太陽光発電、2010年までに日本に並ぶ=シャープ米現法

 [ニューヨーク 11日 ロイター] シャープ6753米国現地法人ソーラー営業本部長のロン・ケネディ氏は、米国のソーラーシステムによる発電量について、2010年までに世界第2位である日本と並び、その後すぐに1位のドイツを追い抜く可能性があるとの見解を示した

 同氏はロイターとのインタビューで「米国には電力が必要だ。われわれは、資源を持っている」と述べた。

 ドイツと日本は、数年間にわたってソーラーシステムによる発電量で上位を占めていた。国内のエネルギー資源が十分でないことを認識している両国政府は、再生可能エネルギーの利用を奨励してきた。

 一方、米国では、連邦政府レベルで再生可能エネルギーの利用が奨励され始めたほか、多くの州では、様々な要因によって太陽光発電の利用が拡大する可能性がある。

 米国の人口は全世界の人口の3%に当たるが、米国民は全世界の電力の約25%を使用している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below