for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

テニス=ウィンブルドン、赤色アンダースコート認める

 6月28日、テニスのウィンブルドン選手権、大会主催者側がタチアナ・ゴロビン(写真)に対し赤色アンダースコートの着用を認める(2007年 ロイター/Toby Melville)

 [ロンドン 28日 ロイター] テニスのウィンブルドン選手権に赤いアンダースコート姿で出場したタチアナ・ゴロビン(フランス)に対し、大会の主催者側は「白を基調とする」との服装規定には違反しないとの判断を下した。

 19歳のゴロビンは、試合で赤いアンダースコートを着用したい旨を審判に相談し、許可を得た。大会主催者の説明によると、アンダースコートは基本的に服装規定の対象外で、ウエアのすそより上にあるものは、ショーツではなく、アンダースコートと見なされるという。

 ゴロビンは試合後の会見で、「赤は強さや自信を示す色で、わたしは赤いショートパンツに満足している」とコメントした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up