July 2, 2007 / 3:27 AM / 12 years ago

アップル「iPhone」、早くも分解画像が流出

 7月1日、先月29日に全米で発売された米アップルの「iPhone」、ネット上で早くも分解画像出回る。写真は29日ニューヨークで同製品を購入した顧客(2007年 ロイター/Jeff Zelevansky)

 [サンフランシスコ 1日 ロイター] 米アップル(AAPL.O)の携帯電話機「iPhone」が先月29日に全米で発売されたが、インターネット上ではすでに、中身を知ろうとする好奇心旺盛なテクノロジーマニアらの手で分解された「iPhone」の写真や動画が出回っている。

 1日午後には、米グーグル(GOOG.O)傘下の動画共有サイト「ユーチューブ」に、2人の男性がハンマーなどを使って「iPhone」を壊す様子を撮影した動画が投稿された。この動画は5万回以上再生され、内容を激しく非難するコメントも寄せられた。

 米フロリダ州マイアミ在住という投稿者は2本目の動画で「ただ壊すために壊したのではない。中身を知るために分解した。時間が限られているので極端な手段を使った」と説明している。

 また、アップルの部品や修理に関するガイドサイト「Ifixit.com」では、技術的な解説付きの分解画像が幾つも掲載された。サイトの共同創設者カイル・ウィーンズ氏は「アップルはいつくかの非常に革新的なことを行った」としている。

 同サイトにより、「iPhone」の構成部品の一部が明らかになった。メーンプロセッサーとメモリーチップは韓国サムスン電子(005930.KS)、音声処理チップは英ウルフソン・マイクロエレクトロニクスWLF.L、Wi-Fi無線チップは米マーベル・テクノロジー・グループ(MRVL.O)の製品がそれぞれ採用されている。

 アップルが部品供給会社に関する情報を制限していることもあり、「iPhone」の分解情報には投資家も注目している。過去には、同社の携帯音楽プレーヤー「iPod」の部品情報が明るみに出ると、その部品を供給する会社の株価が上昇するという現象もあった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below