Reuters logo
結婚詐欺に遭った豪男性、ネットでの恋愛に警告促す
2007年8月13日 / 08:51 / 10年前

結婚詐欺に遭った豪男性、ネットでの恋愛に警告促す

 [キャンベラ 13日 ロイター] 農業に従事するオーストラリア人男性が、インターネットで知り合った女性に会うため訪れたアフリカのマリで、なたで武装した複数の男に誘拐され、暴行を加えられる事件があった。この男性は救出された後、ネット上で恋愛を求める人に対し警告を促した。

 男性は、南オーストラリア州に住むデス・グレガーさん(56)。12日間にわたって人質として捕らえられた後、12日夜に無事オーストラリアに帰国した。

 グレガーさんは現地メディアに対し、「私は脚を縛られたが、(男たちは)私が協力的な態度になると分かっていたので、(縛られていたのは)数日間だけだった」と述べ、男たちの1人が常にドア付近で寝ていたので、脱出することができなかったと語った。

 グレガーさんは先月、婚約者となる女性に会って結婚持参金となる10万ドル(約1180万円)相当の金の延べ棒を受け取るため、マリに到着。現地の空港で出迎えの車に乗り首都バマコにあるアパートに移動したが、部屋にいたのは武装した複数の男だったという。

 グレガーさんは、詐欺師の男らから、家族が身代金10万ドルを払わなければ手足を切断すると脅されたものの、後にオーストラリアと現地の警察の協力を得て脱出した。

 マリに到着するまで詐欺には気づかなかったというグレガーさんだが、解放された後「すべて完璧にチェックしたかを確かめること」と話し、注意を呼び掛けた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below