Reuters logo
日銀利上げ予想、12月と2月が30人中各10人=経企協会
2007年10月9日 / 09:53 / 10年後

日銀利上げ予想、12月と2月が30人中各10人=経企協会

 [東京 9日 ロイター] 社団法人・経済企画協会が発表した10月ESPフォーキャスト調査(民間エコノミストによる日本経済予測の集計調査)によると、民間エコノミスト30人のうち、日銀による次回の利上げ時期について、07年12月と08年2月の予想がそれぞれ10人と最も多かった。

 10月9日、社団法人・経済企画協会が発表した10月ESPフォーキャスト調査によると、民間エコノミスト30人のうち日銀による次回の利上げ時期について、07年12月と08年2月の予想がそれぞれ10人と最も多かった。写真は昨年7月に日銀前で撮影(2007年 ロイター/Toru Hanai)

 また07年11月との予想が3人、07年10月と08年1月がそれぞれ2人にとどまった。今回の回答期間は、9月25日─10月2日だった。

 9月調査では32人中15人が10月の利上げを、6人が11月を予想していた。今回の調査期間は、米国でのサブプライムローン(信用度の低い借り手向け住宅ローン)問題を発端とする信用収縮懸念が後退し、世界株価が戻す展開になっていた。

 7─9月期の実質国内総生産(GDP)の予想は平均で前期比年率プラス1.95%となった。その後は2%前後で横ばいになると予想されている。2007年度のGDP見通しはプラス1.77%となり、先月のプラス2.15%から下方修正された。米国の07年のGDPの見通しもプラス2.00%からプラス1.97%に下方修正された。

 生鮮食品を除く消費者物価指数(コアCPI)は、7─9月期には前年比マイナス0.10%となる見通し。10─12月期はプラス0.08%と、プラス転化する見通しだが、先月調査でのプラス0.09%から下方修正となった。その後は、08年1─3月期がプラス0.26%、4─6月期がプラス0.30%と、順調にプラス幅が拡大する予想となっている。

 07年度のコアCPI見通しはプラス0.03%となり、08年度にはプラス0.34%に伸びを高める見通しだ。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below