October 10, 2007 / 6:49 AM / 12 years ago

ロシアの連続殺人事件の被告、「殺人は愛と似ている」と証言

 10月9日、49人を殺害した罪に問われているロシアの男(写真)が「殺人は愛と似ている」などと法廷で証言。8月撮影(2007年 ロイター/Alexander Natruskin)

 [モスクワ 9日 ロイター] 49人を殺害した罪に問われているロシア人の男が9日、犠牲者の数をさらに11人追加するよう裁判所に求めた。また、18歳で最初の殺人を犯した際の心境について、初めて恋に落ちたようだったなどと陪審員に語った。

 スーパーの店員だったアレクサンダー・ピチュシキン被告(33)は、殺人を犯すたびに64マスあるチェスボードにコインを置いていたことから、地元紙では「チェスボードの殺人者」と呼ばれている。

 同被告は「最初の殺人は初恋のようなもの。決して忘れることはない」と発言。「(被害者が)自分と親しくよく知っている人物であるほど殺害の喜びが深まる」と述べ、すべての殺人の動機が生きるためだったと主張した。

 すべての案件で有罪判決が下された場合、ロシアで最も多くの犠牲者を出した連続殺人犯となる。

 裁判には今後被害者とされる人物の親族が少なくとも41人、さらに目撃者98人が出廷する予定で、長期化が予測されている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below