Reuters logo
NY市場でドルと円が上昇、原油高などで高リスク取引に警戒感
2007年10月16日 / 22:13 / 10年後

NY市場でドルと円が上昇、原油高などで高リスク取引に警戒感

 [ニューヨーク 16日 ロイター] ニューヨーク外国為替市場ではドルが上昇。ニュージーランドドルをはじめとする高利回り通貨は対円で下落した。世界的な株安や原油高を受け、高リスクの取引への警戒感が高まっている。

 10月16日、NY外国為替市場ではドルが上昇。ニュージーランドドルをはじめとする高利回り通貨は対円で下落した。写真は昨年12月、ロンドンで撮影した為替ボード(2007年 ロイター/Toby Melville)

 8月の対米証券投資で売り越し額が過去最高の1630億ドルとなったことで、ドルは売られたものの、後に値を戻した。トレーダーは、この数字は2カ月前の金融市場の混乱を反映した一時的事象だと指摘した。

 円キャリー取引が巻き戻されたことで、円も大幅に値を上げた。

 さえない企業決算、流動性や信用をめぐる懸念の再浮上、原油価格の急伸で、世界的な経済成長をめぐる懸念が高まった。中東での緊張の高まりを背景に米原油先物価格が88ドルを越える史上最高値をつける一方、ウェルズ・ファーゴ(WFC.N)など米銀の第3・四半期決算がさえなかったことで米株式市場は弱含んだ。

 スコシア・キャピタルの通貨シニアストラテジスト、スティーブン・マリオン氏は「ドルの強さは投資家が一段と神経質になっていて、安全資産への逃避がみられることも一因だ」と指摘。「全般的には、ドルは全般的な市場の動きに追随していると思う。たとえばユーロが弱くなっているのは、円キャリー取引が巻き戻されているためで、それがユーロ/ドルにも影響している」と述べた。

 終盤、ユーロ/ドルは0.3%安の1.4167ドル。主要6通貨に対するNY商品取引所(NYBOT)ドル指数は0.2%高の78.224。

 8月の対米証券投資から大きな影響を受けたドル/円は0.6%安の116.65円と、ロイターデータによると2週間強ぶりの下げ幅となった。

 ユーロ/円は0.9%安の165.32円。

 オーストラリアドルは円に対して2.2%安の103.35円。ニュージーランドドルは3%以上値を下げ、86.74円となった。

 一方、全米住宅建設業者協会(NAHB)/ウェルズ・ファーゴが発表した10月の住宅建設業者指数は18と、1985年1月の同指数の調査開始以来、最低水準となった。融資基準の厳格化で住宅ローンの借り入れが困難になり、住宅販売在庫が積み上がっていることが背景。

 17日に発表される9月の米住宅着工・許可件数や米消費者物価指数が注目されている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below