October 25, 2007 / 3:23 AM / in 11 years

米国は景気後退、円・元や中国株に投資=米著名投資家

 [ロンドン 24日 ロイター] 米著名投資家のジム・ロジャーズ氏は、英デーリー・テレグラフ紙(電子版)に対し、米国はすでにリセッション(景気後退)入りしていると発言、ドルを売り、円、人民元、スイスフランに投資すると述べた。

 バブルの懸念が浮上している中国株については、依然として強気の姿勢を示した。

 同氏は「米経済は間違いなくリセッション入りしている」と発言。「実際には多くの業界がリセッション以上に悪い状態にある。バーナンキ連邦準備理事会(FRB)議長が、市場に大量の資金を供給していなければ、株価はおそらく、今よりも大幅に下落していただろう」と述べた。

 同氏は、ドルを売る理由があると主張。「今後6カ月間、他の条件が変わらなければ、私はそうする(ドルを売る)」とし、「ただスイスフランが天井を抜ければ、スイスフランに資金を投じることはおそらくないだろう」と述べた。

 中国株については「まだバブルではない。(上海総合株価指数が)来年1月に9000を超えれば、売りを出す必要が出てくる。バブルは最後には悪い結果をもたらす」としながらも、「中国株は売りたくない。この先ずっと保有し、(4歳になる)私の娘に譲渡したい」と述べた。

 24日の上海総合株価指数終値は5843。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below