October 25, 2007 / 7:12 AM / 12 years ago

米国の4人に1人、「恋人はインターネットで代用可」

 10月24日、米国の4人に1人が「インターネットは恋人代わりになり得る」と感じていることが明らかに。写真は2004年、サンフランシスコで行われたイベントで撮影(2007年 ロイター/Kimberly White)

 [ニューヨーク 24日 ロイター] 米国で24日に発表された調査結果で、米国の4人に1人が「インターネットは恋人代わりになり得る」と感じていることが明らかになった。

 調査は米世論調査機関ゾグビー・インターナショナルとコンサルティング会社463コミュニケーションズが、10月4─8日に合計9743人を対象に実施。生活におけるインターネットの役割について調べた。

 それによると、回答者の24%が「ある一定期間はインターネットがパートナー代わりになり得る」と答えた。この数値は、独身の回答者に絞ると31%となるものの、男女間での差はみられなかった。

 さらに、若い世代では、インターネットを「新しい親友」と見ている者がいたことも明らかになった。

 また、米国人の4人に1人以上が、「マイスペース」や「フェースブック」といったソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を利用していると回答。この数値は、18─24歳の回答者では78%になっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below