October 27, 2007 / 12:49 AM / 12 years ago

米国株は反発、マイクロソフトやカントリーワイドが高い

 [ニューヨーク 26日 ロイター] 米国株式市場は反発。マイクロソフト(MSFT.O)の明るい業績見通しが相場全体を押し上げた。カントリーワイド・フィナンシャルCFC.Nが黒字見通しを示したことで金融株が買われた。来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)で利下げされるとの見方も相場を支えたとみられている。

 10月26日、米国株式市場は反発。マイクロソフトの明るい業績見通しが相場全体を押し上げた。ニューヨーク証券取引所で8月16日撮影(2007年 ロイター/Brendan McDermid)

 ダウ工業株30種は134.78ドル(0.99%)高の1万3806.70ドル。

 ナスダック総合指数は53.33ポイント(1.94%)高の2804.19。

 S&P総合500種指数は20.88ポイント(1.38%)高の1535.28。

 週間ではダウが2.11%高、S&Pが2.31%高、ナスダックが2.90%高。

 マイクロソフトが25日発表した四半期決算は利益がアナリスト予想を上回り、年度の業績見通しも引き上げた。株価は9.5%上昇した。

 カントリーワイド・フィナンシャルCFC.Nは急騰し32.4%高。第3・四半期は赤字決算となる一方、第4・四半期は人員削減に伴い黒字が見込まれるとした。

 ヤフーYHOO.Oは7.3%高。出資している中国の電子商取引運営アリババ・ドット・コムの新規株式公開(IPO)への思惑に支援された。

 メリルリンチはMER.Nは8.5%高。スタン・オニール会長兼最高経営責任者(CEO)が辞任するとの観測が広がった。関係筋によると、後任候補としてメリルのグローバル・プライベート・クライアント部門のロバート・マッキャン社長の名前も浮上している。

 タイム・ワーナーTWX.NもCEOが退任するとの英紙報道を受けて3.6%高。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below