November 27, 2007 / 4:16 AM / 12 years ago

再送:アブダビ投資庁、米シティに75億ドルで資本参加

 11月26日、米金融大手シティグループ(写真)は普通株に転換する出資証券75億ドル相当をアブダビ投資庁に売却することで合意したと発表。先月1日にニューヨークで撮影(2007年 ロイター/Shannon Stapleton)

 [ニューヨーク 26日 ロイター] 米金融大手シティグループ(C.N)は26日、普通株に転換する出資証券75億ドル相当をアブダビ投資庁(ADIA)に売却することで合意したと発表した。

 ADIAの普通株保有率は、シティ・グループの発行済み株式総数の4.9%以下にとどまる見通し。

 シティのビショフ暫定最高経営責任者(CEO)は「この投資で新たな資本が提供され、シティは事業成長に向け魅力的な機会を追求することが可能になる」と述べた。

 この発表を受けてドルは対円で1%上昇、米国債は一段安となった。出資証券の売却により、信用収縮に苦しんでいたシティに新たな資金が流入するとの見方から、ドルは2年半ぶりの安値から108.45円に上昇した。

 合意内容に基づき、ADIAは、取締役会メンバーの指名権や経営に関する特別な権利などを保有しない。

 出資証券は、2010年3月15日─2011年9月15日までの期間に1株当たり31.83―37.24ドルのレンジでシティ株に転換できる。これは26日終値の29.80ドルに6.8─25%のプレミアムを上乗せした水準。

 シティは、売却は数日中に完了する見通しだとしている。

*情報を追加して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below