November 29, 2007 / 11:09 AM / 12 years ago

五輪=夏季大会開催控える北京、大規模な文化財保護事業を計画

 11月28日、来年8月に五輪開催を控える中国北京市の旧市街で文化財保護のため過去最大規模となる再開発事業が計画されていることがわかった。写真は5月に北京の紫禁城近くで撮影した街並み(2007年 ロイター/Jason Lee)

 [北京 28日 ロイター] 来年8月に五輪開催を控える中国北京市の旧市街で、文化財保護のため過去最大規模となる再開発事業が計画されていることがわかった。地元メディアが28日伝えた。

 新京報によると、事業の対象となるのは同市内の4区画にある1474カ所。

 同市当局によると、再開発事業には2億5000万元(約37億円)が投じられる見込み。新京報は北京市当局の話として、この金額が「1949年の共産党政権樹立以降の」最高額と報じた。

 開発事業により9635世帯が一時的に引越しを余儀なくされるものの、来年2月の旧正月までには自宅に戻ることができ、来年6月までにはすべての作業が完了する予定となっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below