November 29, 2007 / 11:01 PM / 12 years ago

シタデル・インベストメント、米イー・トレードに25.5億ドルの資金注入

 [ニューヨーク 29日 ロイター] サブプライムローン問題で経営が悪化している米オンライン証券のイー・トレード・フィナンシャル(ETFC.O)は29日、シタデル・インベストメント・グループが率いる投資家連合から25億5000万ドルの資金注入を受けることを明らかにした。シタデルは、イー・トレードのモーゲージ関連証券のポートフォリオを引き受けるほか、イー・トレード株約18%を所有し、取締役を派遣する。

 合意内容に基づき、シタデルは約24億ドルの資金支援を即時実施するほか、経営悪化の原因となっている30億ドルの資産担保証券(ABS)ポートフォリオを8億ドルで買い取る。また17億5000万ドル相当のイー・トレードの社債と株式を取得する。

 イー・トレードは、ポートフォリオ売却により第4・四半期に税引き前ベースで22億ドルの特別費用を計上するとしている。またホームエクイティローンの貸倒引当金を4億ドルに積み増すとともに、発行済み株式の20%相当の普通株を発行する方針を示した。

 同社は、カプラン最高経営責任者(CEO)が退任することを明らかにした。戦略顧問で、JPモルガン(JPM.N)の副会長を務めた経験をもつドナルド・レイトン氏が会長に就任。リリアンCOO(最高執行責任者)がCEO代行を務める。

 イー・トレードの株価は、29日の取引開始前一時、約23%高と急伸した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below