December 13, 2007 / 8:25 AM / 12 years ago

07年冬ボーナス、89万2318円で過去最高=経団連

 12月13日、日本経団連が発表した大手企業の07年の年末賞与・一時金の最終集計によると、組合員1人当たりの加重平均額は1959年の調査開始以来最高額となった。写真は昨年2月に東京都内のオフィス街で撮影したビジネスマン(2007年 ロイター/Issei Kato)

 [東京 13日 ロイター] 日本経団連は13日、大手企業の07年の年末賞与(ボーナス)・一時金の最終集計を発表した。組合員1人当たりの加重平均額は前年冬に比べて0.93%増の89万2318円となり、1959年の調査開始以来、最高額となった。

 最高額を更新するのは3年連続。冬のボーナスの増加は5年連続だが、伸び率は前年冬(2.48%)に比べて鈍化した。

 調査対象は21業種の大手268社で、このうちボーナスの平均金額が判明した分を集計した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below