Reuters logo
再送:フィリピン人女性、チェス名人の遺産めぐり相続権主張
February 8, 2008 / 5:38 AM / 10 years ago

再送:フィリピン人女性、チェス名人の遺産めぐり相続権主張

 [マニラ 6日 ロイター] チェス名人で先月死去した故ボビー・フィッシャー氏の遺産をめぐり、フィリピン人女性と娘が相続権を主張した。女性らの弁護士が6日、明らかにした。

 2月6日、チェス名人で先月死去した故ボビー・フィッシャー氏(写真)の遺産をめぐり、フィリピン人女性と娘が相続権を主張した。女性らの弁護士が明らかにした。写真は1992年9月、旧ユーゴスラビアで撮影(2008年 ロイター)

 弁護士はロイターに対し、フィッシャー氏が2001年、この女性マリリン・ヤングさんとの間に娘をもうけており、現在それを証明する書類を準備中だと語った。フィッシャー氏の遺産は195万ドル(約2億1000万円)という。

 同弁護士によると、フィッシャー氏の遺産をめぐっては、婚姻関係にあったと主張する日本人女性と、2人のおいも相続権を争っているほか、米政府も滞納税を回収を計画しているという。

*本文最終段落の誤字を修正して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below