February 19, 2008 / 9:27 AM / 12 years ago

中国不動産市場やドル相場に警告、日本は「育児関連株」購入=著名投資家

 2月19日、著名投資家のジム・ロジャース氏は中国の長期的な見通しは依然として明るいが、不動産市場は急落する可能性があるとの見通しを示した。昨年4月撮影(2008年 ロイター/Eric Thayer)

 [シンガポール 19日 ロイター] 著名投資家のジム・ロジャース氏は19日、中国の長期的な見通しは依然として明るいが、不動産市場は急落する可能性がある、との見通しを示した。

 同氏は、当地で開催された投資コンファレンスで「今年は中国の不動産市場で投機を行っている者の中に、破たんする者が出るだろう。中国政府は不動産市場での投機を抑制するため真剣に取り込んでいる」と述べた。

 また、日本の株式市場では、政府の少子化対策が奏功して出生率が上昇すると予想、サンリオ(8136.T)など「出産・育児関連株」を購入したと明らかにした。

 ドル相場については今後著しく下落し、世界の準備通貨としての地位を失う恐れがあると指摘した。

 米経済についてはすでにリセッション(景気後退)の状態にあり、対外債務が15カ月ごとに1兆ドルずつ拡大するとの見方を示し、「米国はコントロール不能になっている」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below