for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米女優D・バリモア、ケニアの児童向けに1億円を寄付

 3月3日、女優ドリュー・バリモア、国連世界食糧計画に個人で100万ドル(約1億円)を寄付。昨年5月撮影(2008年 ロイター/Molly Riley)

 [ニューヨーク 3日 ロイター] 米女優ドリュー・バリモアさん(33)が3日、国連世界食糧計画(WFP)に個人で100万ドル(約1億円)を寄付した。同寄付金は、ケニアの児童向け食糧支援に使われる予定。

 WFP親善大使でもあるバリモアさんは、人気テレビ番組「オプラ・ウィンフリー・ショー」に出演し、WFPが発展途上国の学校児童5900万人に対して総額30億ドルの支援を目指す「Fill the Cup」活動を紹介。その一環として、今回の個人での寄付を発表した。

 過去2年間にケニアを2回訪問しているバリモアさんは、WFPがリリースした声明で「たった1杯の栄養あるポリッジ(おかゆ)が、子どもの生活をどれだけ変えられるかを自分の目で見てきた」と述べ、同活動への支援を広く訴え掛けている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up