March 18, 2008 / 9:06 AM / 10 years ago

日銀総裁の空白避けるべき、田波候補は職に値する人物=全銀協会長

 [東京 18日 ロイター] 奥正之全銀協会長(三井住友銀行頭取)は18日の定例会見で、政府が提案した田波耕治日銀総裁候補について、経験や実績もありその職に値する人物だとの考えを示した。

 また、金融市場の厳しい状況が続くなか「(政治は)日銀総裁人事の空白を避けるべく、迅速に決定して欲しい」と強調した。

 奥会長は、政府が田波候補を提案したことについて「大変重要な席が空白になるのを回避するために考え抜いた上での人選だと思う。経験や実績もあり、その職に値する人物。ぜひまとめて頂きたい」と語った。一方、武藤敏郎候補を野党が不同意にしたことについて「実業界や金融界に身を置くものとして(野党の不同意の)理屈は説得力がない。大変失望した」と日銀総裁人事を巡る野党の対応を厳しく批判した。

 また、急激に進んでいる円高については、金融市場の混乱が実体経済に悪影響を与えているとし、「(米国の)金融機関は証券化商品の損を確定し、資本調達し安定させる道筋が必要」と分析。「米国はしっかりした対応をしてもらいたい」と述べ、公的資金注入なども念頭に抜本的対策が必要との認識を示した。

 また、参院での与野党逆転でオフショア市場での非課税措置の延長が3月末で切れかねない事態について「国際社会での信任が失われてしまう」との懸念を示した。

 (ロイター日本語ニュース 布施 太郎)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below