April 7, 2008 / 7:05 AM / 10 years ago

寝室のTV、若者の不健康な習慣と関連する可能性=米研究

 [ワシントン 7日 ロイター] 米国の研究チームが7日、寝室でテレビを見る習慣とティーンエージャーの不健康な習慣の相関関係を示す研究結果を明らかにした。

 ミネソタ大学公衆衛生学部の研究者が2003─2004年にかけて、ミネアポリス地区に住む15─18歳の若者781人を対象に聞き取り調査を実施。

 その結果、寝室にテレビがある女子が激しい運動を行う時間は週平均1.8時間と、テレビが無い女子の週平均2.5時間を下回ったほか、野菜の摂取量が少なかった一方で、加糖された飲料の摂取量は多かったという。また、寝室にテレビがある男子の成績の平均値はテレビが無い男子よりも低く、フルーツの摂取量が少なかった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below