April 14, 2008 / 9:51 AM / 10 years ago

米アナリスト、第1四半期の米企業決算予想をさらに下方修正

 [ニューヨーク 14日 ロイター] ロイター・エスティメーツによる週間調査によると、米ウォールストリートのアナリストは、第1・四半期の米企業決算見通しを再度下方修正。S&P総合500種構成企業の第1・四半期の利益については前年比13.8%減少とし、前週調査の11.8%減少から下方修正した。

 4月14日、米アナリストが第1四半期の米企業決算予想をさらに下方修正したことが明らかに。写真は先月ニューヨークで撮影(2008年 ロイター/Mike Segar)

 第1・四半期開始時の調査では4.7%増益と予想されていたが、以降、一貫して見通しが悪化している。

 業種別では金融セクターの業績悪化がもっとも著しいとみられており、第1・四半期は64%減益と予想されている。また、消費者が支出に慎重になるに伴い、消費者関連企業の利益が13%減少するとみられている。

 一方、エネルギーとハイテクセクターは最も堅調とみられており、それぞれ31%と9%の増益が予想されている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below