May 7, 2008 / 1:15 AM / 12 years ago

原油価格、今後2年間で200ドルまで上昇も=ゴールドマン

 5月6日、ゴールドマン・サックスは原油価格が向こう2年間で1バレル=200ドルまで上昇する可能性があるとの見方を示した。写真は3月、バンコクのガソリンスタンドで撮影(2008年 ロイター/Sukree Sukplang)

 [ロンドン 6日 ロイター] ゴールドマン・サックス(GS.N)はリサーチノートで、供給の伸びが鈍いことから、原油価格は向こう2年間で1バレル=200ドルまで上昇する可能性がある、との見方を示した。

 ロイターが6日にリサーチノートを入手した。リサーチノートでは「供給が適切なペースで伸びていないため、現在のエネルギー危機は頂点に達するかもしれないと、われわれは確信している」と指摘している。

 米原油先物はこの12カ月間で倍に値上がりしているが、6日には一時1バレル=122ドルを突破し、過去最高水準をつけている。

 ゴールドマンは「向こう6─24カ月で1バレル=150─200ドルに上昇する可能性が、ますます高まっている。ただ、原油価格のピークや、原油高が続く期間については不透明だ」との認識を示している。

 同社は以前、原油が100ドル台に乗せることをいち早く予想した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below