May 7, 2008 / 7:15 AM / 12 years ago

4月のフィリピンCPI上昇率は前年比8.3%、05年5月以来の高水準

 [マニラ 6日 ロイター] フィリピン政府の発表によると、4月の同国消費者物価指数(CPI)上昇率は前年比で8.3%となり、2005年5月以来の高水準となった。このため、経済成長が脅かされる中、中央銀行に対して利上げ圧力が高まるとみられている。

 中銀の予想レンジは6.4─7%だった。

 4月には、同国の主食であるコメの価格が前年に比べ約25%上昇したほか、食品全体の価格も12%上昇した。

 中銀は先月、翌日物借入金利を5%、同貸出金利を7%にそれぞれ据え置いたが、商品価格の上昇が賃金上昇などを通じてより広範囲に浸透してくれば、今後利上げに踏み切る可能性があるとほのめかしていた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below