Reuters logo
マイクロソフト、ヤフー代替案はアイカーン氏の支持得られない見通し
2008年5月19日 / 04:50 / 10年後

マイクロソフト、ヤフー代替案はアイカーン氏の支持得られない見通し

 [ニューヨーク 18日 ロイター] 米マイクロソフト(MSFT.O)はヤフーYHOO.Oについて、完全買収以外の代替案を模索していると発表したが、著名投資家のカール・アイカーン氏の賛同を得られる可能性は小さいとみられる。同氏に近い関係筋が18日明らかにした。

 5月18日、米マイクロソフトはヤフー完全買収以外の代替案を模索していると発表したが、著名投資家のカール・アイカーン氏(写真)の賛同を得られる可能性は小さいとみられる。2006年2月撮影(2008年 ロイター/Jeff Zelevansky)

 同筋は、マイクロソフトが代替案に動けば、アイカーン氏はヤフーに対し、グーグル(GOOG.O)との提携に向け圧力をかける、と指摘。同筋は「マイクロソフトは牛を買わずに乳を得ようとしている。これはアイカーン氏のやり方ではない」とし「アイカーン氏は、ヤフーがマイクロソフトと合弁事業を行うことは望んでいない」と話している。

 同筋は「ヤフーの株主にとっては、マイクロソフトがヤフーを買収するのが最善だ。これが実現しなければ、アイカーン氏は、マイクロソフトではなくグーグルとの提携をヤフーに働きかける」と述べた。

 アイカーン氏は900万株のヤフー株式と、さらに4900万株を取得できるオプションを保有している。同氏は、ヤフーにマイクロソフトとの買収交渉を再開させようと、委任状争奪戦を開始している。

 マイクロソフトは当初1株あたり31ドルでの買収を提案。その後買収額を同33ドルに引き上げたが拒否され、今月買収を断念した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below