June 5, 2008 / 8:54 AM / 11 years ago

「最も人気のある国」は依然フランス=仏観光省

 6月4日、2007年に海外からフランスを訪れた人は8200万人近くとなり、同国がスペインを抑え世界の観光客にとって「最も人気のある国」の座を維持した。写真は3月、パリで撮影(2008年 ロイター/John Goh)

 [パリ 4日 ロイター] 2007年に海外からフランスを訪れた人は8200万人近くとなり、同国がスペインを抑え世界の観光客にとって「最も人気のある国」の座を維持した。仏観光省が4日、明らかにした。

 外国人観光客数は前年比で4%増。同省は声明で「(フランスに)到着した8200万人のうち、1400万人が乗り継ぎ客、6800万人が最終および主な目的地がフランスだった」としている。

 内訳はドイツ人のほか英国人、ベルギー人などヨーロッパからの観光客が46%を占めた。ドイツ人観光客数が減少した一方で、スイス、イタリア、スペイン、ポルトガルからの観光客数が大幅に伸びた。

 米国からフランスへ訪れた人の数は、前年比では7%増となったものの、ドルが対ユーロで下落した影響を受けて第4・四半期は伸びが鈍化した。

 フランスでの平均滞在日数は、ヨーロッパからの観光客が6泊未満。米国人観光客は8泊のほか、日本人は5泊となっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below