June 9, 2008 / 12:36 AM / 11 years ago

北米映画興行収入=アニメ「カンフー・パンダ」が初登場首位

 6月8日、6―8日の北米映画興行収入ランキングは、ドリームワークス制作のファミリー向けアニメ「カンフー・パンダ」が初登場1位。写真は1日、ロサンゼルスのプレミアに出席した声の出演のジャック・ブラック(2008年 ロイター/Phil McCarten)

 [ロサンゼルス 8日 ロイター] 6月6―8日の北米映画興行収入ランキングは、ドリームワークス制作のファミリー向けアニメ「カンフー・パンダ」が初登場1位となった。

 歌手で俳優のジャック・ブラックが声優として出演し、武術のスターを目指すパンダを描いた同映画は公開3日間で推定6000万ドル(約63億円)の興収となった。配給元のパラマウント・ピクチャーズが8日、明らかにした。同社の公開前の予想は4000万ドル台後半だった。

 2位にはアダム・サンドラー主演でイスラエルの特殊部隊隊員のニューヨークの美容師への転身を描いたコメディ「You Don't Mess with the Zohan(原題)」が4000万ドルでランクイン。同映画も事前予想の3000万ドル台後半を上回った。

 ハリソン・フォード主演のファンタジー・アドベンチャー「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」が2280万ドルで前回2位から3位に後退。 

 また、前回首位だった人気テレビドラマの映画版「セックス・アンド・ザ・シティ」は2130万ドルと63%の大幅な減収で4位に転落した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below