Reuters logo
イラクの野良犬、駐留米兵に引き取られ米国へ
June 9, 2008 / 7:03 AM / 10 years ago

イラクの野良犬、駐留米兵に引き取られ米国へ

 [ニューヨーク 6日 ロイター] イラクやアフガニスタンで駐留する米軍兵士にペットとして拾われた犬24匹が今週、飼い主に再会するためバグダッドから当地のニューアーク国際空港に到着した。

 6月6日、イラク駐留米軍兵士らにペットとして拾われた犬が飼い主に再会するためニューアーク国際空港に到着。写真はバグダッドで野良犬の頭をなでる米軍兵士。2004年2月撮影(2008年 ロイター/Kimimasa Mayama)

 支援団体のSPCA(動物虐待防止協会)インターナショナルによると、兵士が迷子の動物と接触することは表向きは軍の規則に違反するものの、イラクに駐留する兵士にとって、ペットはストレスの軽減や精神衛生の向上に計り知れない役割を果たしているという。

 米軍が5月に発表したデータによると、イラクやアフガニスタンに駐留経験がある兵士の間で、新たに心的外傷後ストレス障害(PTSD)と診断されたケースは2007年に46.4%増加。5年間で合計4万件近くに上っている。

 犬をバグダッドから米国に送る同プロジェクトを統括するテリ・クリスプ氏によると、昨年開始されたこのプロジェクトに対して、約100人の兵士から電子メールで問い合わせを受けたと述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below