June 10, 2008 / 4:40 AM / 10 years ago

韓国内閣が総辞職、米牛肉輸入問題で国民の批判高まる

 [ソウル 10日 ロイター] 韓国内閣は10日、米国産牛肉の韓国市場開放に向けた政府の交渉が、大規模な抗議運動を招いたことを受け、発足からわずか3カ月で総辞職した。

 6月10日、韓国内閣が発足からわずか3カ月で総辞職。米国産牛肉の韓国市場開放に向けた政府の交渉が、大規模な抗議運動を招いたことを受けた。写真(右)は韓昇洙首相(2008年 ロイター/Jo Bo-hee/Yonhap)

 首相官邸スポークスマンは「(李明博(イ・ミョンバク)大統領との)今朝の定例会議で、首相が内閣の辞表を提出した」と語った。

 これより先、地元メディアは、李大統領が、少なくとも3人の閣僚と複数の側近の辞表を受理する見通しだと伝えていた。

 農水産品相、教育科学技術相、保健福祉相が数日中に辞任するとみられている。また外交通商相、企画財政相も交代する可能性がある。

 聯合ニュースは、首相官邸の匿名のある関係筋の話として「首相は牛肉問題をめぐる批判を受け、自らを含む全閣僚の辞意を表明した」と伝えた。

 李明博・大統領への支持率は最近、20%程度まで急落している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below