June 22, 2008 / 12:51 AM / 10 years ago

ワタミ株主総会、無議決権優先株発行へ定款変更を了承

 [東京 21日 ロイター] ワタミ(7522.T)は21日、定時株主総会を開き、無議決権優先株(第一種優先株)の発行に備え予定していた定款の変更について株主の了承を得た。

 同社は現時点で同優先株を発行して資金調達する予定はないが、機動的に資金調達ができる基盤を整えるために、定款変更の議案を定時株主総会に付議していた。

 総会でワタミの渡辺美樹社長は、今後、同社が目標とする経常利益100億円の目標を達成するためには、投資が必要になると指摘した。そのうえで、そのための資金調達は、「借り入れや自己資金でもまかなえるし、(証券取引所の種類株取引をめぐる)マーケットがまだ整備されていない。株主が望まないなら行わない。この3つがそろわないなら(無議決権優先株は)発行しない」と説明し、理解を求めた。

 無議決権優先株は、議決権がない代わりに配当が普通株より高い優先株。今月19日にはゼンリン(9474.T)が同様に、無議決権優先株の発行に備え、総会で定款変更の了承を得ていた。

    0 : 0
    • narrow-browser-and-phone
    • medium-browser-and-portrait-tablet
    • landscape-tablet
    • medium-wide-browser
    • wide-browser-and-larger
    • medium-browser-and-landscape-tablet
    • medium-wide-browser-and-larger
    • above-phone
    • portrait-tablet-and-above
    • above-portrait-tablet
    • landscape-tablet-and-above
    • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
    • portrait-tablet-and-below
    • landscape-tablet-and-below