June 23, 2008 / 1:47 AM / 10 years ago

IMF、08年フィリピン経済成長率予想を5.2%に引き下げ

 [マニラ 22日 ロイター] 国際通貨基金(IMF)は22日、2008年のフィリピン経済成長率見通しを5.8%から5.2%に引き下げた。海外の需要の伸び悩みと消費低迷が理由という。

 当地を訪れたIMFのチームは声明を発表し「経済成長ペースは鈍化し、インフレ率は高水準にとどまる公算が大きい。困難を乗り切るには賢明なマクロ経済政策を維持することが不可欠だ」と述べた。

 IMFは、インフレ率が今後数カ月は2ケタ台に近い水準で推移するとの見通しを示したが、フィリピン中銀の金融政策はタカ派的で適切であると指摘した。

 5月のインフレ率は過去9年で最高の9.6%に達したが、テタンコ中銀総裁は、燃料・食品価格の上昇に歯止めがかかっていないことから、インフレ率は今年第3・四半期に10─11%でピークに達する可能性があるとの見解を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below