July 2, 2008 / 7:50 PM / 11 years ago

米GMは150億ドルの資本増強必要、破たんも視野=メリルリンチ

 7月2日、メリルリンチは、米GMが手持ち資金を約150億ドル調達する必要があるとし、破たんもあり得ないことではないとした。写真の外観は昨年11月撮影。 (2008年 ロイター/Rebecca Cook)

 [デトロイト 2日 ロイター] メリルリンチは2日、米ゼネラル・モーターズ(GM)は流動性を高めるために手持ち資金を約150億ドル調達する必要が出てくるとの見方を示し、米自動車市場の低迷が続けば破たんも「あり得ないことではない」とした。

 メリルのアナリスト、ジョン・マーフィー氏はリサーチノートのなかで、GMの投資判断を従来の「バイ」から「アンダーパフォーム」に引き下げ、目標株価を7ドルに下方修正したことを明らかにした。

 2008年の米自動車業界の小型乗用車販売予想も下方修正し、最近の販売の急激な落ち込みは09年末まで続く可能性が高いとの見方を示した。下方修正は今年に入ってから3度目。

 マーフィ―氏は今年の米自動車業界の販売台数は1430万台、来年は1400万台と予想した。07年は1615万台だった。

 複数のアナリストがGMは損失拡大を補てんするために資本増強が必要と述べてきたが、150億ドルは最高の予想額。

 同氏は「われわれの現在の予想には下振れリスクがあり、一段と大きな緩衝が不可欠なため、150億ドルが必要と考えている」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below