Reuters logo
5月の米新規雇用率、03年6月以来の低水準
2008年7月9日 / 22:34 / 9年前

5月の米新規雇用率、03年6月以来の低水準

 [ワシントン 9日 ロイター] 米労働省が9日発表した5月の新規雇用率は3.1%と、前月の3.4%から低下し、過去5年近くで最も低い水準となった。米経済の減速により新規採用に対する意欲が減退したとみられる。

 7月9日、米労働省が発表した5月の新規雇用率は3.1%と、前月の3.4%から低下し、過去5年近くで最も低い水準となった。写真は3月、ニューヨークで撮影(2008年 ロイター/Lucas Jackson)

 新規雇用率は、従業員総数に対するその月に補充された新規採用者の割合を示しており、5月の新規雇用率は2003年6月(3.1%)以来の低水準となった。

 セクター別では建設、運輸、公益事業などがさえず、5月の新規雇用率を圧迫した。

 労働省が前週発表した6月の雇用統計では、非農業部門雇用者数が6万2000人減少した。減少は6カ月連続で、2002年以降で最長となった。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below