Reuters logo
フランスのスチュワーデス、くじで宇宙旅行当てる
2008年7月16日 / 23:35 / 9年後

フランスのスチュワーデス、くじで宇宙旅行当てる

 [パリ 16日 ロイター] フランス人客室乗務員が、一度はごみ箱に捨てたチョコレートの包み紙が懸賞の当たりくじだったことを見つけ、宇宙旅行を手にした。

 マチルド・エプロンさん(32)は、地元のスーパーでチョコレートバー「キットカット」を買い、「どうせ当たらないから」と包装紙をごみ箱に捨てたが、2時間後に思い直してごみ箱から捨てた包装紙を探し出したところ、当たりくじであることが分かった。

 エプロンさんは「航空業に携わる者としては夢のような話」と語った。米国で4日間の宇宙訓練を受けた後、4人乗りのロケットプレーン社製航空機に乗って高度100キロに到達、無重力状態を5分間体験する予定。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below