Reuters logo
原油相場は10年後に1バレル300ドルも=米著名投資家ピケンズ氏
2008年7月23日 / 01:38 / 9年後

原油相場は10年後に1バレル300ドルも=米著名投資家ピケンズ氏

 [ワシントン 22日 ロイター] 米著名投資家のT・ブーン・ピケンズ氏は22日、米国が外国産原油への依存を断ち切らない場合、原油相場は10年後に1バレル=300ドルに達する可能性があると述べた。

 7月22日、米著名投資家のT・ブーン・ピケンズ氏、原油相場は10年後に1バレル=300ドルに達する可能性を指摘。写真は5月、エジプト・カイロの石油精製施設で(2008年 ロイター/Nasser Nuri)

 ピケンズ氏によると、原油需要の約70%を輸入で賄う米国が、自国の天然ガスや再生可能資源の開発を積極的に進めない場合、10年後の輸入原油依存度は80%に上昇する見通し。

 上院国土安全保障・政府活動委員会の公聴会で証言したピケンズ氏は「われわれの漂流が続けば、原油相場は10年後に300ドルを付ける可能性がある」と述べた。

 今月に入り1バレル=147ドル台の過去最高値を付けた原油相場を押し下げるための一層の原油掘削を求める声が強まるなか、エネルギー立法をめぐる討論を上院は計画している。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below