July 23, 2008 / 9:30 PM / 10 years ago

08年上半期の世界販売台数でトヨタが首位、米GMは3%減

 7月23日、2008年上半期の世界自動車販売台数はトヨタが首位。写真は16日、都内ショールームで(2008年 ロイター/Issei Kato)

 [デトロイト 23日 ロイター] 米ゼネラル・モーターズ(GM)(GM.N)が23日発表した2008年上半期の世界自動車販売台数は454万台となり、480万台を記録したトヨタ自動車(7203.T)が首位となった。

 GMの販売台数は前年同期3%の減少となった。欧州・アジア・中南米で売り上げを伸ばしたものの、北米で15%減と大きく落ち込んだ。

 一方、トヨタの販売台数(ダイハツ工業7262.Tと日野自動車(7205.T)の販売台数を含む)は2.2%増だった。

 クロウ・シェゼックの自動車コンサルタント、エーリッヒ・マークル氏は、GMのトラック販売がガソリン価格高で大きな打撃を受けたことがトヨタに抜かれた理由だと指摘した。

 2007年の両社の販売台数はほぼ同じだったが、中国事業の販売を加えるとGMがわずかに上回っていた。

 GMの08年第2・四半期の世界販売台数は5%減の228万台。景気減速などの影響で北米で20%減の96万3239台と落ち込んだことが響いた。北米を除けば10%増だった。

 GMは08年通年の世界の自動車業界全体の販売台数を2.5%増の7200万台と予想している。新興国の伸びがけん引する見通し。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below