July 30, 2008 / 10:45 AM / 11 years ago

消費税率2%引き上げで実質GDPを0.60%押し下げ=内閣府試算

 7月30日、内閣府の試算では消費税率の2%引き上げで実質GDPを0.60%押し下げることに。写真は都内のショールーム。1月撮影(2008年 ロイター/Michael Caronna)

 [東京 30日 ロイター]  内閣府が30日の自民党税制調査会に提出した税制改革がマクロ経済に与える影響試算によると、消費税率を2%ポイント引き上げた場合、初年度に実質GDP(国内総生産)を0.60%押し下げ、消費者物価を1.63%押し上げる。

 試算では、法人税、個人所得税、消費税それぞれについて、名目GDPの1%相当の増税をした場合の実質GDP、名目GDP、消費者物価、GDPデフレーターについて影響をはじき出した。ただ、税制改革がマクロ経済に与える影響はその時々の経済状況により変動し得ることから、内閣府は、結果は相当の幅を持って解釈する必要があるとしている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below