Reuters logo
五輪=体操元女王コマネチ、「年齢制限の引き上げ必要なかった」
August 15, 2008 / 11:04 AM / 9 years ago

五輪=体操元女王コマネチ、「年齢制限の引き上げ必要なかった」

 [北京 15日 ロイター] 元体操選手のナディア・コマネチさんが、国際体操連盟(FIG)は女子選手の年齢による出場制限を16歳以上に引き上げる必要はなかったとの見方を示した。コマネチさんは1976年のモントリオール五輪で、女子体操個人総合の金メダルを当時14歳で獲得した。

 8月15日、元体操選手のナディア・コマネチさんは、女子選手の年齢による出場制限を引き上げる必要はなかったとの見方を示した。写真は2004年3月、上海の記者会見に出席したコマネチさん(左)。2008年ロイター/Claro Cortes IV)

 女子体操選手の年齢問題については、北京五輪の団体総合で優勝した中国チーム内に制限年齢に達しない選手が3人いるとの報道で注目が集まっており、15日に個人総合で銅メダルを獲得した楊伊琳も、年内に16歳になるという制限年齢に達していないとうわさされている。 

 コマネチさんは、ロイターの取材に対し「当時は14歳でもよかった。私の時代の方法を維持する方がよかったと思う」とコメント。さらに「15歳や16歳でよい選手になるには、12歳ですごくなくてはならない」と述べ、若過ぎるアスリートには精神的にも肉体的にも負担が重過ぎるとの懸念を一蹴した。

 中国の関係者は年齢制限は破っていないと主張しており、国際オリンピック委員会(IOC)に提出したパスポートなどの記録でも証明されているとしている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below