August 21, 2008 / 1:22 AM / 11 years ago

スパンエア機が離陸に失敗し炎上、死者153人に

 8月20日、マドリード空港でスパンエア機が離陸に失敗し炎上、153人死亡。写真は乗客の肉親(2008年 ロイター/Borja Suarez)

 [マドリード 20日 ロイター] スペインのマドリード空港で20日、スペイン領カナリア諸島ラスパルマスに向かうスパンエアのMD82型機が離陸に失敗し炎上、153人が死亡した。スペインのアルバレス開発相によると生存者は19人。スパンエアによると乗客166人・乗員9人が搭乗していたという。

 飛行機は現地時間午後2時45分(日本時間午後9時45分)に滑走路を外れ、目撃者によると大きな爆発があった。

 救急隊長は記者団に対し「事故機は尾翼のみが判別できた。残がいが辺り一面に散乱していた。遺体が広範囲にわたってみられ、多くは子どもだった」と話した。

 事故原因について、アルバレス開発相は「離陸時に問題があった」と指摘。現地での報道や関係筋によると、ユナイテッド・テクノロジーズ(UTX.N)傘下のプラット&ホイットニー製の左側エンジンが火に包まれたという。 

 アフリカ大陸の北西沖にあるカナリア諸島は人気の高い観光地。事故便は独ルフトハンザ航空(LHAG.DE)との共同運航だった。スパンエアはスカンジナビア航空(SAS)(SAS.ST)の子会社。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below