August 25, 2008 / 11:32 PM / 12 years ago

MBS格下げで最大4690億ドル売却の可能性=リーマン

 8月25日、リーマン・ブラザーズ、MBS格下げで最大4690億ドル売却の可能性。6月、ニューヨークで撮影(2008年 ロイター/Lucas Jackson)

 [ニューヨーク 25日 ロイター] リーマン・ブラザーズは25日、トリプルA格付けのモーゲージ担保証券(MBS)の格下げで、資産運用担当者らは、最大4690億ドルの売却を迫られる可能性があるとの見方を明らかにした。

 リーマンのアナリストはリポートで、「AAA」格付けMBSの約30%について、格下げの可能性があると述べた。

 「住宅クレジットセクターのバリュエーションは、銀行、ブローカーおよびディーラーが資産売却を余儀なくされるとの懸念から、引き続き弱い」と指摘し、格下げは目前に迫っている、との見方を示した。

 ミューチュアルファンドのマネジャーはトリプルA以外の債券を保有できないことから、トリプルA格付けのMBSが格下げされた場合、特に打撃を受ける可能性があるという。

 リーマンは、格下げされればミューチュアル・ファンドのマネジャーは、現在保有している2250億ドルの非政府機関のMBSのうち、640億ドルを売却する可能性がある、との見方を示した。

 リーマンの試算によると、商業銀行が保有するトリプルA格付けの非政府機関MBSは3800億ドルで、うち1100億ドルにリスクがあるという。また、米国外投資家の保有額は4130億ドルでうち1180億がリスクにさらされているという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below