September 15, 2008 / 7:33 AM / in 11 years

大手金融機関が破たんする可能性=FRB前議長

 9月14日、グリーンスパンFRB前議長は「ほかにも大手金融機関が破たんに陥る可能性がある」との見方を示した。写真は2007年10月、ワシントンで(2008年 ロイター/Yuri Gripas)

 [ワシントン 14日 ロイター] 米連邦準備理事会(FRB)のグリーンスパン前議長は14日、「ほかにも大手金融機関が破たんに陥る可能性がある」としたうえで、これが必ずしも問題になるわけではない、との見方を示した。

 米ABCテレビの番組に出演した前議長は、金融機関の破たんについては「扱い方と清算の方法次第だ」と述べた。さらに「すべての金融機関の保護を試みるべきではない。金融情勢の変化の過程で、勝ち組と負け組みに分かれることは珍しくない」と話した。

 リーマンや米保険アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)(AIG.N)など主要金融機関の株式がこの数日、大きく売られているものの、前議長は7月の株式の空売り規制の導入は誤った考え方だったと述べた。

 米証券取引委員会(SEC)は7月、借り株の裏付けのない空売りを規制する措置を

、リーマンや、政府系住宅金融機関(GSE)の連邦住宅抵当金庫(ファニーメイ)FNM.Nと連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)FRE.Nを含む19機関を対象に導入した。GSE2社はその後、政府の管理下に入った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below