September 23, 2008 / 7:00 AM / 10 years ago

ベルリン動物園のシロクマ「クヌート」飼育係が死去

 9月22日、ベルリン動物園のシロクマ「クヌート」飼育係が死去。写真はクヌートと遊ぶトーマス・デルフラインさん、2007年7月撮影(2008年 ロイター/Fabrizio Bensch)

 [ベルリン 22日 ロイター] ベルリン動物園でシロクマの子ども「クヌート」を大切に育てた飼育係のトーマス・デルフラインさん(44)が死去したと地元警察が22日発表した。デルフラインさんはクヌートの母親トスカが育児を放棄したときからずっと面倒を見ていた。

 濃い黒いひげをたくわえた人の良いデルフラインさんは、大勢のファンの前でクヌートと遊ぶ姿を見せたことで有名になった。

 デルフラインさんは1980年から動物園で働いていた。警察の発表によると、ベルリン西部の自宅アパートで死亡しているのが見つかったが、詳しい事情は明らかにされていない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below