October 3, 2008 / 2:53 AM / 10 years ago

原油価格、世界的リセッションなら50ドル以下も=アナリスト

 [カルガリー(カナダ・アルバータ州) 2日 ロイター] 著名アナリストのフィリップ・ヴェルリーガー氏は2日、世界経済が深刻なリセッション(景気後退)に陥り、それが長く続いた場合、原油価格は1バレル=50ドルを下回る可能性があるとの見解を示した。インタビューで述べた。

 10月2日、著名アナリストは世界的なリセッションになれば原油価格が1バレル50ドルを下回る可能性があると指摘。ニューヨーク・マーカンタイル取引所のトレーダー、6月11日撮影(2008年 ロイター/Brendan McDermid)

 同氏は、世界経済がリセッションに陥り、経済活動が低迷して原油需要が落ち込んだ場合には、原油価格は現在の100ドル近い水準を維持することはないとの見方を示している。

 原油価格は2日、バレル当たり93.65ドルで終了。7月につけた147ドルを上回る水準から30%以上、下落したことになる。多くの予測機関も、産業活動の減速につれて原油価格は一段と下落すると予想している。

 メリルリンチのアナリストも2日付のリポートで、リセッションになれば原油価格は来年、50ドルまで下落する可能性があると予想した。ただ、実際にリセッションになる可能性は小さい、としている。

 ヴェルリーガー氏は原油価格動向について、石油輸出国機構(OPEC)が生産枠を順守し、供給を抑制できるかどうかに左右される可能性もあると指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below