October 14, 2008 / 7:19 AM / 12 years ago

キヤノン電子がAspacにTOB、システムエンジニア確保

 [東京 14日 ロイター] キヤノン電子(7739.T)は14日、システム開発のアジアパシフィックシステム総研(Aspac)4727.Qに対し、1株650円で株式公開買付(TOB)を実施すると発表した。

 システムエンジニア確保のため、フルキャストホールディングス(4848.T)が保有するAspac株式(発行済株式総数の61.18%)の取得を目指す。

 AspacはTOBに賛同している。フルキャストHDは保有するAspac株式のすべてをTOBに応募する。TOB期間は10月15日から11月14日。

 親会社であるフルキャストHDの事業戦略の変更により、フルキャストHDとAspacは、新たな資本・業務提携先を模索していた。一方、キヤノン電子はシステムシステムエンジニアの不足に悩んでおり、互いの利益が一致した。

 TOBは、Aspacのジャスダック上場廃止を意図してはいないが、TOBでは株式の買い付け上限を設定していないため、この結果によっては上場廃止になる可能性もある。TOB規模は、少なくとも35億8000万円程度で、TOBへの応募によってはさらに膨らむ見通し。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below